スポンサーサイト


スポンサーサイト」の続きはこちら

「フラット35」2カ月連続金利上昇 12月の適用金利発表

メディアで報道されている、新築マンション、分譲マンション関連のニュースについて、書いていきます。住宅金融支援機構は2日、長期固定金利の住宅ローン「フラット35」の12月の適用金利を発表した。主力の21年以上は取扱金融機関の最低金利が2.21%と、前月比で0.01%上昇。20年以下も1.92%で、前月比0.01%上がった。金利上昇はいずれも2カ月連続。長期金利の上昇などを反映した。[2011/12/2 日本経済新聞 電子版]★1000万...
「フラット35」2カ月連続金利上昇 12月の適用金利発表」の続きはこちら

フラット35の適用金利が7カ月ぶり上昇

メディアで報道されている、新築マンション、分譲マンション関連のニュースについて、書いていきます。住宅金融支援機構は2日、民間金融機関との提携による長期固定金利の住宅ローン「フラット35」の11月の適用金利を発表した。主力の21年以上は取扱金融機関の最低金利が2.2%と前月比で0.02%上昇。20年以下も1.91%と前月比で0.02%上がった。金利上昇はいずれも7カ月ぶり。長期金利の上昇などを反映した。[2011/11/3 日本経済...
フラット35の適用金利が7カ月ぶり上昇」の続きはこちら

「フラット35」金利が低下 10月

メディアで報道されている、新築マンション、分譲マンション関連のニュースについて、書いていきます。住宅金融支援機構は5日までに、民間金融機関との提携による長期・固定金利の住宅ローン「フラット35」の10月の適用金利を発表した。主力の21年以上は取扱金融機関の最低金利が2.18%と前月比で0.08%低下。20年以下も1.89%と前月比で0.06%下がった。金利低下は期間21年以上が5カ月連続、20年以下が6カ月連続。長期金利の低...
「フラット35」金利が低下 10月」の続きはこちら

フラット35Sの金利優遇、申請期限前倒し発表 国交省

メディアで報道されている、新築マンション、分譲マンション関連のニュースについて、書いていきます。国土交通省は2日、住宅金融支援機構が手がける長期固定金利型の住宅ローン「フラット35S」の1%の金利優遇措置の申請期限を当初予定の2011年12月末から9月末に前倒しすると発表した。利用が予想より多く、予算枠の上限に近づいたため。大畠章宏国交相は同日の閣議後の記者会見で、住宅のリフォーム(改修)時に商品券と交換...
フラット35Sの金利優遇、申請期限前倒し発表 国交省」の続きはこちら

「フラット35」の金利低下

メディアで報道されている、新築マンション、分譲マンション関連のニュースについて、書いていきます。住宅金融支援機構は4日、民間金融機関との提携による長期・固定金利の住宅ローン「フラット35」の7月の適用金利を発表した。主力の21年以上は取扱金融機関の最低金利が2.39%と前月比で0.1%低下。20年以下も2.06%と前月比で0.08%下がった。金利低下は21年以上が2カ月連続、20年以下は3カ月連続。長期金利の低下などを反...
「フラット35」の金利低下」の続きはこちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。